機能性とフィット感

カテゴリ

カレンダー

2018年1月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

成長具合を考える

ランドセルは六年間使うものですから、耐久性に優れているほうが新たに買い直さなくて済みます。しかし耐久性も大事ですが、もう一つ重要なポイントがあります。それはランドセルのサイズです。
入学時に買うものですから、体に合うよう小さいほうが良いのでは思う親御さんもいるかもしれません。確かに女の子の場合、男の子よりも筋力が低いことが多いですから、なるべく軽いほうが良い部分はあります。
しかし小学一年生と六年生は体格が違うということも考慮に入れなければなりません。基本的にランドセルは買い替えるものではなく、ずっと使うものです。もし一年生の体格にピッタリのものを購入してしまえば、高学年になるにつれ窮屈になり、新たに買い直すハメになるかもしれません。
ですがランドセルは安いものでも一万円はするものです。安い買い物というわけではないため、できることなら買い直したくないというのが親の心情だと思います。ただ学校によってはランドセルが壊れたら、リュックサックなどの別のカバンでも良いとしているところもあるため、必ずしも買い直さないといけないわけではありません。
女の子のランドセルには成長具合も考えて、肩紐部分が動く設計になっているものもあるため、そうしたものを選ぶと使いやすいでしょう。

オーソドックスで丈夫なもの

女の子のランドセルは最近色がカラフルで成功なデザインを凝らしたものなど、どんどん多様化していて迷ってしまいます。しかし、これらのデザインや色の流行りは六年間の間に必ず廃れるものなので、色はオーソドックスな赤や黒や紺、冒険してもピンクくらいにしておいた方が無難でしょう。そして、制服の色とのバランスもチェックしておいた方がいいです。最近の女の子は早熟で小学生でもおしゃれが好きな子が増えているので、高学年になった時のことを考えて選ばなければいけません。
また、デザインと同じくらい重要なのが丈夫さです。六年間も重い教科書を入れて動き回るのですから、相当の丈夫さが必要です。中を覗き混んで縫製の丁寧さや、素材の暑さや水などに対する耐久性をチェックしましょう。側面のキーホルダーを下げるところが壊れやすいので要チェックです。予算は品質の良いものを望むなら五万円ほどは必要です。ランドセルは必ず思い出のつまったものになりますし、将来は革を利用してキーホルダーを作ったりして色々な使い方ができるので投資が無駄にはなりません。途中で壊れて買うことになるとなおさらお金がかかってしまうのでここはケチらないようにしましょう。

見所一覧

2017年10月16日
機能性とフィット感を更新しました。
2017年10月16日
ランドセルの豆知識を更新しました。
2017年10月16日
購入時のポイントを更新しました。
2017年10月16日
長いお付き合いを更新しました。